090-6172-6856

ブログBlog

Blog

090-6172-6856

営業時間

10:00~20:00

最終受付20:00

定休日

不定休

最新情報

10月は休みなしで営業いたします。

Home > ブログ > 股関節痛の改善例

お知らせ

股関節痛の改善例

股関節の痛みの改善例

整骨院でお客さまを診ていますと、股関節の痛みでお悩みの方は結構多い印象です。

 

病院で病名をつけられた方から、病院や整体には行くほどではないが、股関節の痛みで悩んでいる方は結構いらっしゃいます。

 

生まれつき股関節の形状に左右差があるような先天的な問題から、デスクワークで長時間座ることで股関節の左右差を生んだり硬くなったりで痛みが出てしまう後天的な問題の方まで様々です。

 

最近股関節痛が多いのは本業を座り仕事にしている方が多くなったことも影響しているのではないでしょうか?

 

ここではmiyabi整骨院で股関節痛が改善した例をいくつか紹介していますので自分の症状と似ていないか見てみてください。

目次

先天性股関節形成不全 30代 女性 主婦・ダンス講師

生まれつきの股関節の異常により昔から股関節に痛みを抱えながらダンスや日常生活をこなしていた。

原因
先天的な股関節の形状の異常と股関節の機能不全があった。

症状
ダンスをしたときや、膝を上げた時に股関節やおしりに痛みがでる。

施術過程と改善結果

まず初めに股関節やおしりの筋肉を緩めるようにボディコンディショニングや治療機器で施術を行っても変わりませんでした。
股関節の検査をし筋肉が痛みを発しているのではなく、先天的な股関節の形状が悪いので関節の中で痛みを発していると推測しました。
股関節を動かす筋肉の機能を検査したら、股関節を動かす機能(脚を横にあげたり股を外に開いたりする動き)が低下していました。
動きの機能を向上させるために股関節の機能改善トレーニングとストレッチを行い、すぐに痛みが消失しました。
その場だけでなく数週間は痛み無く生活できたみたいだ。今後痛みが再発しないためにも股関節とおしりのセルフストレッチとトレーニングを自宅でも継続的にやっていただくように指導しました。

股関節の形状は整形外科での手術により人工関節に変えないかぎり現代医療では股関節の形状を変えることはできません。私たち整骨院では股関節の形状を変えることはできませんが、身体に傷をつけることなく股関節の痛みを改善させることができます!

シェアするShare

ブログ一覧