090-6172-6856

ブログBlog

Blog

090-6172-6856

営業時間

10:00~20:00

最終受付20:00

定休日

不定休

最新情報

10月は休みなしで営業いたします。

Home > ブログ > miyabi整骨院の対応できる症状一覧

ケガ

miyabi整骨院の対応できる症状一覧

miyabi整骨院では

 

肩こり・腰痛などの慢性症状

 

オスグッドなどの小中学生の症状

 

野球・ランニングなどのスポーツのケガ

 

五十肩・膝の痛みなどの老化症状

 

肥満をはじめとする生活習慣病

 

これらの症状以外にも幅広く対応しております。

 

「施術・運動・栄養」の3つのアプローチでこれらの症状を改善へと導きます。

目次

慢性症状について

miyabi整骨院が改善を得意とする慢性症状です。

頭・首肩の症状

・頭痛
・首肩コリ
・首の痛み(寝違え むち打ちなど)
・肩の痛み(四十肩など)

⇩詳しくはこちら⇩

腕~手の症状

・腕~手のしびれ
・肘の痛み(ゴルフ肘・テニス肘など)
・手首の痛み(腱鞘炎など)

⇩詳しくはこちら⇩

体幹の症状

・腰痛 ぎっくり腰
・腰椎ヘルニア 分離症 すべり症 狭窄症など
・背中の痛み
・お腹の不調

⇩詳しくはこちら⇩

下半身の症状

・股関節の痛み
・おしりの痛み(坐骨神経痛など)
・下半身のしびれ
・膝の痛み
・足首の痛み
・足裏の痛み(足底筋膜炎)

⇩詳しくはこちら⇩

小中学生の症状について

小中学生は成長期に当たりカラダのアンバランスさが出やすいです。
特にあるのは「骨と筋肉」のアンバランスさです。

「筋肉が硬くて骨は柔らかい」
このようなアンバランスさがあると骨が強いストレスを受けて痛みが発生します。

オスグッド(膝の痛み)

オスグッドは
小中学生の成長期の男女に多く発生します。
特にスポーツをやっている子に多く発生します。

症状は
ひざのお皿の下が痛くなります。
見た目はボコっと腫れてきたりします。
走る、ジャンプ、階段昇降、触れる、などで痛みが出ます。

足首の痛み(有痛性外頚骨)

有痛性外頚骨は
小中学生の成長期の男女に多く発生します。
特にスポーツをやっている子に多く発生します。

症状は
足首の内側が痛くなります。
見た目はボコッと腫れてきたりします。
走る、ジャンプ、蹴る、触れる、などで痛みが出ます。

スポーツのケガについて

野球のケガ

野球でのケガは
・野球肩
・野球肘
・野球腰
など様々なケガが発生します。

その背景には日本の野球界独特の「やりすぎ問題」があります。

miyabi整骨院ではそこをどうこう変えることはできませんが、
miyabi整骨院の治療計画では
しっかりと休んでもらうことも治療の一部だと考えています。
こちらが指示した休養や投球動作復帰までの計画は絶対に守ってもらいます。

バレーボールのケガ

バレーボールをはじめとして野球、バトミントン、テニス、ハンドボールなどのオーバーヘッドスポーツと言われるものは日常生活とかけ離れたカラダに負担のかかる動きを高速でするスポーツです。
これらのオーバヘッドスポーツは肩や肘のケガをしやすいです。

ランニングのケガ

ランニングは誰もが気軽に取り組める運動です。
さらにはコロナ禍で運動不足を感じランニングを始められる方も増えたのではないでしょうか。

ランニングは
・カラダ
・やりすぎ
・シューズ
などが原因で膝や足首、足裏に痛みが出やすいです。

老化による症状について

膝の痛み

肩の痛み(五十肩など)

生活習慣病について

肥満が原因の病気

シェアするShare

ブログ一覧